2008年04月16日

ボトルケージ装着

月曜の深夜にウッドベルとバックミラーを装着し、火曜の朝に意気揚々と出勤。
と、玄関を出る直前に宅急便が到着。何が届いたかというと・・・

16Apr08-1.jpg 16Apr08-2.jpg

ボトルケージです。これも、絶対に欲しい装備でした。
このBD-1という自転車はファンが多く、BD-1を題材にブログを書かれている方が大勢いらっしゃいます。で、そういった先輩方のブログを徘徊して色々参考にさせて頂いた結果、上の写真の装備調達となりました。自転車通勤ビギナーには実に参考になるブログが多く、誠に感謝であります。

で、モノはリクセン&カウル社製のボトルフィックスというアタッチメントにミノウラ社製PC-500というボトルケージの組み合わせです。これで、信号待ちの間に効果的に水分補給が出来そうです。今日これからの出勤で使うのが楽しみ♪

今ではスクーターにボトルホルダーを付けるのは珍しくなくなりましたが、スクーターの場合は自転車と比べるとリラックス要素的なアイテムになるのでしょうか。自転車は有酸素運動ということもあり水分補給が不可欠になります。ま、私がスペにボトルホルダーを装着することは無いでありましょう。フルヘルだし。
posted by schun玉 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

早速チューブ調達

今日未明にBD-1のチューブに穴を開けてしまったので、夕方になってから調達してきました。
小雨が降ったり止んだり煮え切らない天気の中、BD-1で出動です。スペで行こうかと思いましたが、まあ、最初のうち、特に買ったばかりの時期というのは嬉しくてたまらんものです。肌寒いこんな天気の中チャリで買い出しなんて、以前の私なら考えられない事をやる様になりました。(笑)

13Apr08-7.jpg 13Apr08-8.jpg
家からそう遠くなく、かつシュワルベの18インチのチューブが置いてそうな店をネットで下調べしてやってまいりました、リアル店舗。いつもネット通販ばかりですからね、時には自分の足でお店に出向く事も大事です。ちなみに、BD-1は日本橋のお店で購入して自走で帰宅しました。

13Apr08-9.jpg
チューブは2本購入しました。今朝交換したのは「とりあえず1本持っていれば」ということで買った物でした。まさかこんなに早く使うとは想像していなかったワケですが、2本というのも実際ビミョーな数の様な気がしてきました。大人買いするんだったかな。(笑)
バックミラーも買いました。バイクに慣れてると後ろが見えないのは不安です。基本的に自転車可の歩道を走行しますが、対向車や歩行者の動きによっては止む無く車道へ脱出する事もあります。そんな時、ミラーが欲しくなるのですね。これできっと安全性が向上することでしょう。

13Apr08-10.jpg
もうひとつの小物、ウッドベル。木魚とも呼ばれます。BD-1には標準でちゃんとした金属製のベルが付いてますが「味わい」はまるでありません。そこで、このウッドベル。これは絶対欲しいアイテムでした。ただし、はっきり言ってあまり大きな音がしません。音色もそれほど良くありません。でも、この音だったら鳴らされてもそれほど不快な思いをしないで済むかな、という気がします。

さて、いつ取り付けるかな。スペにも買ったままの小部品が押し入れの肥やしになってたりしておりますが・・・。
posted by schun玉 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペ、危うし

って、別に廃車寸前なワケではありません。
通勤車としての座を奪われかねない状況に追い込まれたというワケなのです。
というか追い込んだのはワタクシでありますが。

13Apr08-1.jpg 13Apr08-2.jpg 13Apr08-3.jpg
刺客はドイツのリーズ・ウント・ミュラー(R&M)社製BD-1です。生産国は台湾。
ふふふ、そうです。チャリ通勤に手を出したというワケです。片道14キロほどですので距離的に丁度良いですし、なによりメタボ対策でもあるのです。とりあえず2回通勤しました。いやー楽しい!これはヤバい。ハマりそう。
雨の心配が無い日はコレで通勤、雨が降ったらカミさんの車、寝坊したらスペ100・・・
うーむ、これはスペのプライオリティが下がっているんじゃ・・・
いや、きっとダイジョブでしょう。何故なら私がスペ好きだからです。

さてこのチャリですが、日本で発売開始してから10年以上経つので輸入折畳み自転車としてはポピュラーな存在になっている様です。色はスコッチブライト、スタンダードフレームです。所謂、これぞBD-1!といえるモデルです。この08年型がスタンダードフレーム最終モデルとなり、この後のラインアップは既に並売されているモノコックフレームのみとなるそうです。

とにかく、折り畳めるのに走りが良いのがお気に入りです。サスのピボットで回転させて折り畳むので、メインフレームは分割されません。これが走りの剛性感に寄与している様です。

13Apr08-4.jpg
ここからは余談。
携帯エアポンプの操作に慣れておこうと、一旦リアタイヤの空気を抜いてシュコシュコやっていたのです。すると、突然「パーン!!」と破裂音が。ええ?ワシってそんな馬鹿力で空気入れたんか?とチューブを出してみれば、写真の通り。見事な穴です。なんでしょう、噛んでいたんでしょうか。とにかく通勤途中でパンクしなくて幸いでした。

13Apr08-5.jpg
BD-1と同時に購入しておいたチューブを早々と使う事になりました。これはシュワルベ。ちなみに、穴が開いたチューブはお馴染みチェンシンでございました。

13Apr08-6.jpg
それにしても携帯ポンプって本当に使い辛い・・・。これで6.0BARまで空気を送り続けるのです。使い勝手と携帯性は反比例しても仕方無いと思うので、まあ良しとしますが。

写真はありませんがサイクルコンピュータを付けたので走行距離が分かるのがウレシイです。自転車も結構消耗するものなので、走行距離で管理する必要があります。

あ、そういえばスペはまだ2000キロ走ってないな・・・。汗。
posted by schun玉 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。