2008年06月15日

初転倒、初洗浄

身の廻りでいろいろあってアップしそびれていたのでちょいと古い話となりますが・・・

去る6月6日、通勤途中で初転倒しました。それも、登り坂で・・・。ぷ。

転倒場所は建設現場の前の歩道で、そこそこ斜度のある登り坂です。建設現場故、路面は常にうっすらと土埃がかぶっています。さらに前日まで降り続いた雨の所為で部分的に土埃が極薄泥濘コーティングと化していた様です。そうとは知らぬ私はそこをシッティングのまま10キロ程度の速度で周囲を確認した上でジグザグに登って行った訳です。ジグザグの切り返しと同時にペダルを踏んだ瞬間に泥濘コーティングの上でスリップ、その場で右に転んで右掌と右膝を路面に打ち付けてしまいました。

全く怪我が無かったのは幸いでしたが、建設現場に来ていたおじさんの目の前で転んだのでバツの悪い事この上ありません。しかも登りで転んだという事の意味が瞬間的に理解出来ず、3秒間その場で原因を探して混乱してしまいました。

転倒による主な被害は以下の通りです。


15Jun08-1.jpg 15Jun08-2.jpg

ハンドルにマウントしたヘッドライトのバイザーが路面で削られ、アルミ製ボトルケージ中央にも傷が入りました。ケージの被害は割とおとなしい規模です。転倒時に満タンのペットボトルを搭載していたのでダンパー代わりとなり、変形やさらなる傷を免れたものと思われます。


15Jun08-3.jpg 15Jun08-4.jpg

リアディレイラーとケーブルジョイントに傷、ボルトの6角穴には砂泥が詰まっています。ディレイラー機能に不具合はありません。よかった。結果的に被害規模として最大の物は右ペダルでした。樹脂なので派手に削られています。ちょっとショボいペダルなのでいずれ交換するつもりでしたが、交換前でこれもよかった・・・。


15Jun08-10.jpg

ライトのバイザーは削って整形しました。もともとツヤの無いハウジングなので400番のサンドペーパーで均したままにしてあります。バイザーが若干短くなってしまいましたが、パッと見て違和感はゼロです。


15Jun08-5.jpg

蛇足ですが、お花茶屋から帰った翌日にチェーンガードが剥がれて床に転がっていました。荒サイで剥がれなくてよかった・・・。



話は変わって、チェーンのメンテについて。納車後すぐにパークツールのチェーンギャングという洗浄ツールキットを購入していましたが、全く使わずに2ヶ月が過ぎていました。というのも、週に一度のペースでフィニッシュラインのメトロ(洗浄・潤滑)をスプレーして拭き取っていたからです。しかしお花茶屋往復で一気に汚れが酷くなったので、使ってみる事にした次第です。

15Jun08-6.jpg

床には古新聞。高級ブランドの見開きを敷けば、セレブな気分でメンテ出来ます。(ウソ)
何も考えず先にチェーンホイールやカバーを清掃してしまいましたが、チェーン洗浄時に油まみれになるので無駄な仕事となってしまいました。


15Jun08-7.jpg 15Jun08-8.jpg 15Jun08-9.jpg

さて、洗ってみました。
サイクロンという洗浄ケースをチェーンにセットして洗浄液を満たし、クランクをグルグルまわせばケース内のブラシがチェーンをキレイに洗ってくれるというものなのですが、同製品の使用法についてはサイクルベースあさひのサイトに詳しく解説されているのでここでは割愛します。

確かに楽に洗浄できましたが、洗浄液の飛び散りには注意が必要です。新聞の見開き程度では長さが足りないかもしれません。染込みもあるので広く厚く敷くのが良さそうです。当然手も汚れるのでビニール手袋を着用して作業しました。

リンク内側など込入った形状には「洗い残し」も見受けられましたが、洗浄後の液がかなりギトギトの真っ黒けだったのでもう一度洗うくらいするべきだったのかもしれません。

洗浄液は生分解性で灯油を使った洗浄よりも安全、チェーンを外したり切る必要も無し。汚れ対策さえしておけば部屋の中でゆったりとメンテ出来ますな。普段は週イチでフィニッシュライン、1ヶ月ごとにサイクロン、というローテーションで洗浄していこうと思います。
posted by schun玉 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。