2008年09月27日

芝サイ〜荒サイ〜東大島

少し古い話ですが、秋分の日に江東区東大島まで走ってきました。
私が所属している日本ウクレレ協会(NUA)でポータブル・スチールギターの工作講座が開講されるので、見学の為に例会会場でもある東大島文化センターへと行ってみた訳です。
工作するスチールギターはボディにアルミのチャンネル材を使用するので、アルミつながりでBD-1・・・、という訳でもなかったのですが。まあ、表敬訪問みたいな。


23Sep08-1.jpg

今回は芝サイから荒サイを目指します。その芝サイも、東京外環道の交差あたりから合流しました。実は、自宅からはこのルートが最短です。ところで、またもやサイコンのリセットをし忘れました。毎度この調子なので、出掛ける度に正確な走行距離がまったく分かりません。つまりは距離なんて意識の外なんでしょうな・・・。うーむ。


23Sep08-2.jpg

水分補給に「さくら」へ立ち寄ります。祝日にここへ来たのは初めてですが、いやあ、混んでます。ロードから児童用まで、あらゆる自転車が駐輪していました。


23Sep08-3.jpg

天気も気温も穏やかで、今日漕がないでどうする!というくらいの良いお日柄。


23Sep08-4.jpg

で、一気に東大島駅前です。川を渡ればすぐなので分かり易い地理です。


23Sep08-5.jpg

で、会場に到着です。文化センターも駅から近いので方向音痴の私には助かります。
結局、往復走行距離は約80キロ。過去最長となりました。
お尻の痛さは何に乗っても同じでしょうけど、700Cなら18インチより疲労感は減ることでありましょう。過去にサーリーのLHTが気になる旨書いた事がありましたが、現在はペーサーの方が気になっています。乗ってる人も少なそうだし。


実はここへ来る途中でお花茶屋を経由しました。荒サイへ出たついでに、輪行袋を購入するためにサイクルハウスしぶやへ寄りました。購入したのはしぶやオリジナル「HERBES TAL」ブランドの「マルチキャリングバッグBD-1用」です。店頭で実際の使い方を教えて頂けました。
このバッグについては、そのうちご紹介するかもしれません。
posted by schun玉 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

ちょいメンテ

22Sep08-1.jpg

今月は何も無いまま過ぎてしまいそうな予感。
雨降りが多くて、思ったほど通勤に漕いでいないのが実情です。
サイクリングロードにも行く時間が取れなかったしなー。

まあ、それでも乗った分だけ汚れは積もるワケなので、お掃除をしました。
フレーム、リム、スポークの汚れ落とし、ケーブルへ注油、チェーンギャングでチェーン洗浄、などなど。狭い家の中でも小径車はラクに取り回せるので助かります。

そろそろ10月、秋晴れの中を気持ちよく通勤出来るか、それとも台風量産でまた乗れなくなるか。天候不順ならばパーツ交換でテンション上げていきますかねー。
posted by schun玉 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

荒サイ〜小岩

前回、芝サイを走ってから1ヶ月以上が経ちました。
どうやら禁断症状なのか、ある程度の距離を走らないと精神的に詰まる様になってしまいました。

今年の4月から、どちらかといえばメタボ対策で始めた自転車でしたが、改めて乗ってみると物凄く楽しい事が判りました。つまり、ハマってしまった訳です。

20代の頃はMTBで林道を下ってばかりしてましたが、そのうち熱が冷めてしまいました。
で、おじさんになってから再び始めた自転車はとても柔軟に楽しめる様になったのです。ガッツリ走っても楽しい、ゆるゆるポタしても楽しい。サイクリングロードが楽しい、もうどこでも楽しい。例え、通勤でも。とにかく、クランクを回して走るという行為が楽しくて仕方無いのですね。
正直、スペイシーよりも楽しい。(笑)


22Aug08-1.jpg

なーんか前フリが長くなっちゃいました。
さて、写真は外環道及び国道298号線脇歩道(長い)から見上げた空。時刻は9:30頃。
見渡す限りの曇天ですが、とりあえず雨が降る様子はありません。むしろ気温が下がって爽やかな風が吹くほどです。


22Aug08-2.jpg

ずんどこクランクを回し続ければ、ほどなく幸魂大橋です。
このまま練馬方面へ走れば職場なのですが、


22Aug08-3.jpg

今日は途中で折れます。まっすぐ行くと精神的に詰まりそうなので。(笑)
で、荒川サイクリングロードであります。左岸を河口に向かってひた走り、目指すは江戸川区小岩。なぜ?


22Aug08-4.jpg 22Aug08-5.jpg

あー、開放感に溢れます。この先ずっとこういう道が続きます。川面が近いです。気持ちがゆったりします。実際、帰宅までの全行程はずっとゆるゆるな速度で走りました。


22Aug08-6.jpg

気持ちよく走って行くと、思わぬ障害が。


22Aug08-7.jpg 22Aug08-9.jpg 22Aug08-10.jpg

まっすぐ行くと教習所なので進入禁止。しかし、土手の反対側へ行く道は工事中で進入禁止。なんじゃこりゃ。仕方無いので、階段も何も無い土手をフツーに上ってガードレールの隙間から退避しました。


22Aug08-11.jpg

しかしその先は自然とお寺の境内に繋がる道。眼下にお墓が広がります。仕方無く、そのままお寺の階段を下りる事になりました。当然、担ぎですが。


22Aug08-14.jpg 22Aug08-12.jpg 22Aug08-13.jpg

お寺から少し走れば、そこにはお馴染みのレストランさくら。さすがに空いてました。ジェラートはマンゴーに決定。オレンジでもよかったかも・・・。


22Aug08-15.jpg

ここで、現金が殆ど無いという事に気付きました。荒サイに入る前にATMで下ろすのをすっかり忘れていたのです。これではスポーツドリンクすら買えません。
それにしても、10円玉と1円玉だけって・・・。


22Aug08-16.jpg

ま、小岩までお金を使う機会はありません。気を取り直して記念撮影をば。
今回の出立ちはこんな感じです。今までとの違いは、ポンプがフレームに付いただけ・・・。ちなみに、トピークのターボモーフです。フロアポンプと同じ様に立てて使えます。


22Aug08-17.jpg 22Aug08-18.jpg

左岸を走り続けると中川と合流するので、小岩に行くにはさらに左岸へ移動せねばなりません。どの辺が適当なポイントか判らないので、適当な所で川を渡りました。
そして、コンビニ発見。無事に現金を下ろす事が出来ました。ビタミンドリンクとミネラルゼリーを補給します。


22Aug08-19.jpg

例によってちょっと行き過ぎましたが、千葉街道から小岩駅方面を目指します。すると、ありました。フラワーロード入口の看板です。ここを曲がってまっすぐ行けば、小岩駅に出ます。フラワーロード周辺は昔ながらの商店街です。ジャスコに慣れた目には却って新鮮に映ります。どことなく懐かしさを感じる街並と、美味しいお店が多いのが小岩が好きな理由ですな。


22Aug08-20.jpg

FMえどがわ前にて。小さな、街のラジオ局です。周辺では何かのロケがありレポーターとカメラマンが歩道で撮影中でした。BD-1でまったり走る私が目に留まったせいか、カメラに近づくところから走り去るところまでしっかりパンして撮影されてしまいました。


22Aug08-21.jpg 22Aug08-22.jpg

さて、目的地に到着しました。小岩駅・・・ではなく、駅から近い所にある蕎麦やさんです。「長寿庵」といいます。そうです、今回の目的はこのお店で蕎麦を食べることであります。

別ブログ「schuntama Ukulele」にも度々登場しますが、私はここの蕎麦にぞっこんなのです。どこにでもある、普通の蕎麦や。しかし、味は絶品。今回は鴨せいろを注文です。が、後になって大盛りをお願いし忘れた事に気付いて・・・ こんなんばかりですわ。


22Aug08-23.jpg

もうひとつの目的地、大学堂。ホットドッグ屋さんです。ここも美味いのですよ。
ナンドッグを注文しますが、後で食べる事にします。他にもうひとつ買いましたが、それはエントリーの最後に。


22Aug08-24.jpg

さて、そそくさと帰りましょうか。基本的に同じ道を通りますが、微妙に変わります。なので、突然こうした障害に出くわします。


22Aug08-25.jpg 22Aug08-26.jpg

平井大橋へやってまいりました。荒川と中川の間にある中堤で先ほどのナンドッグをいただきます。


22Aug08-27.jpg 22Aug08-28.jpg 22Aug08-29.jpg

進行方向、右側には中川。左側には荒川。上には首都高。水と草と鉄とコンクリが織り成すハーモニー。


22Aug08-30.jpg

お、葛飾ハープ橋ですよ。このアングルじゃよく分かりませんかな・・・。


22Aug08-31.jpg 22Aug08-32.jpg

ちょっと、走行中の写真を撮影して遊んでみました。
が、停車して撮影したのと全く変わりありません。


22Aug08-35.jpg

芝川水門に到着しました。まだ16:00なのにレストランさくらはもう閉店してました。


22Aug08-33.jpg 22Aug08-34.jpg

芝川に目を移せば、そこには何叟かの船が。いつもの青い船、釣八乙女丸もありま・・・
あれ?かなり移動したなあ。沈んでないし・・・。


22Aug08-36.jpg

今日は芝サイへは行かず、このまま荒川で帰ります。が、ルートをちょっと間違えるとこんな道に。面白いけど、グリグリして走り辛い・・・。


22Aug08-37.jpg

はい、今回起点の幸魂大橋へ到着しました。自宅からの往復距離、約70キロでした。ちょっと、尻が痛いです。まだまだケツが青いです。いやしかし、楽しかった!




22Aug08-38.jpg

さて、これが大学堂で買ったもうひとつの物。大学堂オリジナルCD「ホットドッグ人生」です。9曲入り、懐かしさを感じさせる曲調がなかなかナイスな出来映えです。このCD、ナンドッグの会計時に注文したのですが、

店員:ナンドッグのお客様、450円になります。
私 :あの、CDもお願いします。
店員:え? し、しーでぃ??
私 :はい、これ、このCD・・・。(と、店頭の見本を指差す)
店員:あああーっ、すみません、殆ど出ないもので、何の事かと・・・ご免なさい!
(頭上の収納スペースからゴソゴソとビニール袋に包まれた数枚のCDを取り出す)
私 :(そうか、やはりそうなのか。ならば絶対に買わねば!)


CDをパソコンに入れてiTunesを起動したら、曲目リストが既に作成されてました。
流石!!
posted by schun玉 at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

グローブ新調

暑い日が続きますが短い夏休みはもうすぐ終わり、また仕事が始まります。残暑の通勤に備え、指切りグローブを新調しました。これまでBBBでしたが、手首を止めるベルクロが剥がれてしまいました。2代目はキャノンデールです。

16Aug08-1.jpg

2代目購入にあたっての基準はベルクロ周辺の耐久性と掌パッドの肉厚感です。ベルクロの耐久性は使い続けなければ判断出来ませんが、恐らくBBBとは位置の違いによると思われるベルクロを剥がす時の引っ掛り具合がスムースであった事と、パッドの十分な肉厚感が決め手となりました。加えて、価格。この仕様で税込み¥2610でした。


16Aug08-2.jpg 16Aug08-3.jpg

こちらが初代指切りグローブ、BBBです。実のところ本体に支障はありませんが、手首のベルクロが剥がれてしまいました。周辺の生地はベルクロで引っ掛けてササクレています。少し勿体無い気がしますが、消耗品として割り切る事にしました。幸いにもグローブを新調するくらいの経済力もあります。


16Aug08-4.jpg 16Aug08-5.jpg

実は、サーリーのロングホールトラッカーが非常に気になって仕方ありません。グローブを買ったお店に実車があったので、まじまじと観察する機会に恵まれました。もう、めちゃくちゃ私好みのバイクですなー!展示車のサイズは520、跨がせてもらったところ私の身長に丁度良い事が判明しました。初心者のくだらない質問に丁寧に答えてくれた上にカタログまでくださった若い店員さん、どうもありがとう!
posted by schun玉 at 16:09| Comment(4) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

ふらっと芝サイ

7月12日土曜日、ほぼ1ヶ月振りに芝川サイクリングロードを走ってきました。

デジカメを携行しようと思ったのですが、私のカメラはコンパクトとはいえ厚みと重さが少し気になるキヤノンG9。今回は最初から携帯電話のカメラで横着することにしました。


12Jul08-1.jpg

出発時刻は16時50分。随分遅い時刻ですが、日が長いこの季節なればこそですな。
写真は見沼通船堀公園。竹林の向こうはなにやら怪しい雲行き・・・。


12Jul08-2.jpg

時折陽が射したりするので、まあ大丈夫でしょう。
しかし、竹とチューブフレームのBD-1はなかなか似合いますな。


12Jul08-3.jpg

さて、八丁橋から芝サイへと繰り出します。ボーボーに伸びていた草はキレイに刈り払われていました。うむ、そうだよ、こういう事にこそ税金を投入するべきですよ。(ここの市民ちゃいますけど)


12Jul08-4.jpg

さて、芝川水門・・・とくれば、釣八乙女丸。(写真中央)
先月は低水位の為に比較的安定した姿勢でしたが、今月は果たして・・・ 
あーあ、どうするんだろな、本当に。気になるなー。

この撮影の時だけはまともなデジカメでない事が悔やまれました。


12Jul08-5.jpg

さて、レストランさくらでソフトクリームを・・・ あれ?

この時だけは遅い時間に出発した事が悔やまれました。


12Jul08-6.jpg

さて、帰るか・・・ あれ?


12Jul08-7.jpg

さっきまで乾いていた路面がヒタヒタのツルツルに変化してしまいました。
ま、慌てずゆっくり走ります。低速走行に加えサドルバッグがフェンダー代わりになり、背中の中心に1本線を入れずに帰宅する事ができました。
ひと時のおしめりはちょっと涼しくもあり、なかなか乙なもの。でも帰宅後は入念にメンテした事は言うまでもありません。
ところで最近、ブルホーンとかドロップが欲すぃかなー、なんて。
posted by schun玉 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

スプリングを換えてみる

先週、サイクルハウスしぶやへ行ったのはコレを買うのが目的でした。

16Jun08-1.jpg 16Jun08-2.jpg

しぶやオリジナルのBD-1用サス・スプリング。前後セットを購入しました。数種類の色が選べるのですが、私のお気に入りはツヤを抑えたチタンカラーです。街乗りメインということで店員さんのお薦めに従いフロントはハード、リアはノーマルという固さの設定にしました。

交換後に5キロほどチョイ乗りしましたが、なかなか好印象です。一言で言うと「安定感が増した」という感じです。今まではフロントの細かな振動やリアのグニュグニュした煮え切らない動きや突き上げが気になっていたのですが、それらが上手く抑制されている感覚なのです。まだ通勤していないので日常での使用感、評価はこれからのお楽しみ。これは期待できそうです。


16Jun08-3.jpg

スプリング交換のついでにブレーキケーブルの注油を行いました。ブレーキレバーをにぎにぎすると断続的に細かな引っ掛りを感じたので、ケーブルの着脱練習も兼ねての注油です。こういう事でもないと分解や整備なんてしませんので・・・ 汗。

で、インジェクターを持っていないのでウェスを当てがいタイコを持ち上げアウターの隙間にジュジューッとフィニッシュラインをスプレーしてやりました。スプレー後にケーブルをヒコヒコッと前後させてオイルを馴染ませてから組み付け。

注油後に走ってみたら非常にスムースな操作感でした。これだけの整備でもかなり若返った印象です。購入後まだ2ヶ月ですが、既にこれだけの変化を感じるほど消耗、劣化していたという事なのでしょう。常にこうした地道な整備を行う事が大事なんでしょうね、きっと。
posted by schun玉 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

初転倒、初洗浄

身の廻りでいろいろあってアップしそびれていたのでちょいと古い話となりますが・・・

去る6月6日、通勤途中で初転倒しました。それも、登り坂で・・・。ぷ。

転倒場所は建設現場の前の歩道で、そこそこ斜度のある登り坂です。建設現場故、路面は常にうっすらと土埃がかぶっています。さらに前日まで降り続いた雨の所為で部分的に土埃が極薄泥濘コーティングと化していた様です。そうとは知らぬ私はそこをシッティングのまま10キロ程度の速度で周囲を確認した上でジグザグに登って行った訳です。ジグザグの切り返しと同時にペダルを踏んだ瞬間に泥濘コーティングの上でスリップ、その場で右に転んで右掌と右膝を路面に打ち付けてしまいました。

全く怪我が無かったのは幸いでしたが、建設現場に来ていたおじさんの目の前で転んだのでバツの悪い事この上ありません。しかも登りで転んだという事の意味が瞬間的に理解出来ず、3秒間その場で原因を探して混乱してしまいました。

転倒による主な被害は以下の通りです。


15Jun08-1.jpg 15Jun08-2.jpg

ハンドルにマウントしたヘッドライトのバイザーが路面で削られ、アルミ製ボトルケージ中央にも傷が入りました。ケージの被害は割とおとなしい規模です。転倒時に満タンのペットボトルを搭載していたのでダンパー代わりとなり、変形やさらなる傷を免れたものと思われます。


15Jun08-3.jpg 15Jun08-4.jpg

リアディレイラーとケーブルジョイントに傷、ボルトの6角穴には砂泥が詰まっています。ディレイラー機能に不具合はありません。よかった。結果的に被害規模として最大の物は右ペダルでした。樹脂なので派手に削られています。ちょっとショボいペダルなのでいずれ交換するつもりでしたが、交換前でこれもよかった・・・。


15Jun08-10.jpg

ライトのバイザーは削って整形しました。もともとツヤの無いハウジングなので400番のサンドペーパーで均したままにしてあります。バイザーが若干短くなってしまいましたが、パッと見て違和感はゼロです。


15Jun08-5.jpg

蛇足ですが、お花茶屋から帰った翌日にチェーンガードが剥がれて床に転がっていました。荒サイで剥がれなくてよかった・・・。



話は変わって、チェーンのメンテについて。納車後すぐにパークツールのチェーンギャングという洗浄ツールキットを購入していましたが、全く使わずに2ヶ月が過ぎていました。というのも、週に一度のペースでフィニッシュラインのメトロ(洗浄・潤滑)をスプレーして拭き取っていたからです。しかしお花茶屋往復で一気に汚れが酷くなったので、使ってみる事にした次第です。

15Jun08-6.jpg

床には古新聞。高級ブランドの見開きを敷けば、セレブな気分でメンテ出来ます。(ウソ)
何も考えず先にチェーンホイールやカバーを清掃してしまいましたが、チェーン洗浄時に油まみれになるので無駄な仕事となってしまいました。


15Jun08-7.jpg 15Jun08-8.jpg 15Jun08-9.jpg

さて、洗ってみました。
サイクロンという洗浄ケースをチェーンにセットして洗浄液を満たし、クランクをグルグルまわせばケース内のブラシがチェーンをキレイに洗ってくれるというものなのですが、同製品の使用法についてはサイクルベースあさひのサイトに詳しく解説されているのでここでは割愛します。

確かに楽に洗浄できましたが、洗浄液の飛び散りには注意が必要です。新聞の見開き程度では長さが足りないかもしれません。染込みもあるので広く厚く敷くのが良さそうです。当然手も汚れるのでビニール手袋を着用して作業しました。

リンク内側など込入った形状には「洗い残し」も見受けられましたが、洗浄後の液がかなりギトギトの真っ黒けだったのでもう一度洗うくらいするべきだったのかもしれません。

洗浄液は生分解性で灯油を使った洗浄よりも安全、チェーンを外したり切る必要も無し。汚れ対策さえしておけば部屋の中でゆったりとメンテ出来ますな。普段は週イチでフィニッシュライン、1ヶ月ごとにサイクロン、というローテーションで洗浄していこうと思います。
posted by schun玉 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

見沼通船堀〜お花茶屋

先週は雨続きでBD-1に乗れない日が続きました。体を動かせないのでストレスが溜まりまくり(子供か)仕事や生活上のガス抜きも兼ねて、土曜になって雨が止むなり1週間分の鬱憤を晴してきました。行き先は、葛飾区お花茶屋。


08Jun08-1.jpg 08Jun08-2.jpg

なんだかんだで出発は午後3時。こんな時間にさいたま市からお花茶屋まで行くというのは・・・ ただの思い付きだからいいんですけど。以前と同じく見沼通船堀公園の自販機で水分を調達して芝川CRを目指します。


08Jun08-3.jpg 08Jun08-4.jpg

芝川CRは何カ所も道路を越えます。(私は八丁橋から入ります)立体交差、信号、はたまたクルマの切れ目を見計らって横断・・・。タイミングさえ合えばストレス無く走れますが、しかし上の写真の2カ所の橋だけは完璧に陸橋を降りた所まで迂回させられます。左は鳩ヶ谷大橋、右は入谷大橋。

前回の走行から大分日が経ったので八丁橋近辺はコース両脇に草が生い茂り、もともと狭い道幅が一層狭くなっていました。もしや茂みの中にチャドクガが潜んではいまいかと戦々恐々で走るワタクシ・・・。


08Jun08-5.jpg

途中で見付けた工場。昔、昭和のマンガに描かれていた背景にはギザギザ屋根の工場がありました。暫し感慨深げに実物を堪能。


08Jun08-6.jpg

1ヶ月前には水没していた釣八乙女丸ですが、今はご覧の通り。


08Jun08-8.jpg 08Jun08-7.jpg

さて、レストランさくらに到着です。夕方とはいえ十分暑いので、既にペットボトルは空っぽです。新品を補充しつつ、糖分も補給。「次回は抹茶を・・・」なんて書いた記憶がありますが、さっぱり味が欲しかったのでパインにしました。果肉が入って、んまかったす。


08Jun08-9.jpg 08Jun08-10.jpg

ここから荒川サイクリングロードへ。一路お花茶屋を目指します。道が広くていいですな。


08Jun08-11.jpg

いやいやしかし、まいりました。位置関係をよく把握しないまま来たので、足立と葛飾の境をぐるぐる迷ってしまいました。お花茶屋に着いたのは日が暮れてからというお粗末さ。自分が方向音痴だという事を忘れてました・・・。

という事で、写真のお店が今回の目的地「サイクルハウスしぶや」、BD-1など折畳み小径車に強いショップです。ここのオリジナル商品であるサススプリングを買いに来たのであります。BD-1、ブロンプトン、タルタルーガなど、所狭しと並べられた小径車たち。小さく畳まれた状態でズラーッと並べられた自転車を見てると思わず頬が緩み、うっかり財布も緩んでしまいそうになります。うーむ、このお店は危険だ・・・。


08Jun08-12.jpg

あーあ、帰りは真っ暗です。元来た道を戻りますが、暗闇のサイクリングロードというのはちょっと特殊な世界かもしれません。突如現れるエクストリームに興じるBMXの人達、その先ではスケボーをパッカンパッカン鳴らしながら滑りまくる人達、暗闇に紛れてストイックに走り続けるランナー達、どう見ても家に帰る途中風の徒歩のおじいさん、道幅一杯に広がって座る少年達、土手のフェンスで斜め懸垂を頑張るおじさん、猫、などなど・・・。まるで走馬灯の様に、これらの人々が真っ暗なサイクリングロードで小さなLEDライトに照らされては現れて消えてゆくのです。


08Jun08-13.jpg

例の自販機に戻ってきました。もうすぐ8時半になろうかという頃。60キロくらい走ったのかな。あーあ、なにやってんだか。でも、こういう時間が大切なんだろな、やっぱり。

うーむ、自転車にどっぷりです。
posted by schun玉 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

見沼代用水・練習ポタ

24May08-4.jpg

せっかくの土日ですが、関東地方は天気が崩れる予報。土曜日の午前中、太陽が見えているうちにお散歩してきました。といっても、主たる目的は小学生の息子の自転車練習。身長が伸びたので自転車をサイズアップしたのですが、今はまだ自転車の方が大きい状態。少しでも慣れて安全に走れる様に、見沼代用水沿いへ実地訓練に繰り出しました。ま、自分が走りたいので卵が先かヒヨコが先かという感じではありますが。


24May08-1.jpg 24May08-2.jpg 24May08-3.jpg

あ、ヒヨコが先でした。(笑)
鴨の赤ちゃん、可愛いですなー。夕べ食べた蕎麦には、、、おっと。
いやあ、なごみまくりです。


24May08-5.jpg

横断歩道のある道路、無い道路を数カ所横切って柳崎第3公園へ到着。
暫し、ティーブレークします。(但しジョージアとアクエリアス)
このまま進むともうすぐ見沼通船堀公園ですが、息子が飽きて来たのでここでUターン。

24May08-6.jpg 24May08-7.jpg

帰路の途中、鴨を発見。先ほどの赤ちゃんの保護者でしょうか。

今度は息子を通船堀まで連れ出せれば、と思っています。で、ゆくゆくはそのまま芝川CRへ・・・。とかね。
posted by schun玉 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩飯蕎麦ポタ

昨日は仕事帰りに蕎麦屋へ寄っていきました。
なのでポタリングとは趣きが違いましょうが・・・、
まあ食事目的でまったりと走ったこともあり、気分的にはそんなところ。

23May08-4.jpg
はたしていつからここにあったのか。こじんまりとした蕎麦屋さん。
東武東上線和光市駅北口、駅のすぐ前に「でん山」はありました。

23May08-1.jpg 23May08-2.jpg 23May08-3.jpg
私は蕎麦に詳しい人ではありませんが、鴨南蛮や鴨せいろが大好きです。初めて入る蕎麦屋では必ず鴨系を頼みます。さあ、でん山の鴨南蛮は・・・ んまい!!素直に旨いです、ホント。蕎麦のコシ、汁のお味。私の好みの方向性を満たしています。次はせいろだなー。
このお店、6席のカウンターでとてもコンパクトな造りです。当日のお客さんは常連らしきおじさんが3名(自分もおじさんだが)、出身地の話題で盛り上がっていました。そこに大将と女将さんが相槌を入れて・・・という、小さなお店ならではの光景が展開されておりました。こういう雰囲気のお店、良いですな。自分のお気に入りに追加させてもらいます。2階は座敷だそうですがこのコンパクトさ、何畳だろ?

23May08-5.jpg
ここでも駐輪時の固定物が無かったのでどうしようか迷いましたが、窓の格子にいい塩梅でロック出来ました。よく見りゃ隣のママチャリも同じ事してましたよ。

ここから自宅まで13キロほどですが、ラーメンの時より腹の収まり具合が良かったのでルンルン気分で漕ぎ帰りました。(笑)
posted by schun玉 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

環七、そしてラーメン

これで本当に5月でありますか・・・というくらい暑い日が続くこの頃。
私は相変わらず可能な限り自転車通勤を続けております。
おかげでウェストが2センチ落ちました。わはは。

さて、この間の水曜日なので既に過去の事でありますが、仕事帰りに都内へ用事があったのでBD-1で行って来ました。職場のある埼玉県から川越街道を走って環七を漕ぎまくって渋谷まで、というルートです。

環七はクルマやバイクで走り慣れてますが、一度は自転車でも走ってみたいと思っていました。いつもはアッという間に越えたりくぐったりする立体交差ですが、自転車ではどういうルートで越えるのだろう・・・という疑問もあったりしたワケです。更には、行こうと思いつつなかなか行けなかったラーメン屋へ帰り道に寄って行こうというプランも盛り込んだりして。そうです、環七(杉並区界隈)といえばラーメン激戦区であります。

21May08-1.jpg
埼玉県と東京都の境界付近、川越街道とオリンピック道路の交差点、和光陸橋。見慣れた陸橋ですが、改めて写真で見ると全然色気が無い事に気付きました。

21May08-2.jpg
環八を越えます。クルマが列をつくっております。わたしゃ、スラスラスイスイスイ〜っと。
自転車に乗り始めてから余計に渋滞が嫌いになりました。ゆっくりでいいから動いていたい。

21May08-3.jpg 21May08-4.jpg
さ、環七へ入りました。都心方面へのルートは登り傾向になります。板橋区の小茂根歩道橋までダラダラと登り坂が続きます。今までスペ100でぶいーんと無表情に登っていた坂道も人力BD-1ではちときつい。たいした勾配ではないだろうと思っていましたが意外と距離があるので鈍った体には堪えます・・・。

21May08-5.jpg 21May08-6.jpg
疑問の立体交差その1、西武線。
都心へ向かって道路の左側を走って来ましたが、この陸橋は自転車ではそのまま越えられない様になっていました。車道は・・・恐くて無理です。写真を取り忘れましたが、急な階段しかありません。で、陸橋下をくぐって反対側へまわるとスロープ付き階段が現れました。そうか、こうなっていたのか。疑問がひとつ、解消。
しかし、車椅子の人はどうすればいいのだ。

21May08-7.jpg 21May08-8.jpg 21May08-9.jpg
ほどなくして疑問の立体交差その2、野方駅。こちらは線路をくぐりますが、自転車では果たして・・・。
やっぱり階段しかありません。担いでいく事も考えましたが、それでは疑問の解消になりません。
で、線路沿いに少し走ると踏切がありました。ここを渡り雑踏をそろりそろりとすり抜けて、環七へ復帰です。

21May08-10.jpg
職場を出発して、早1時間経過。まーだ高円寺です。うーむ、・・・まあいいか。

21May08-11.jpg
環七を離れて、代々木上原駅付近です。山手通り方面へ走りますが、だんだん日が暮れて来ました。古河先生の施設は・・・、また今度ね。

21May08-12.jpg
やっとこ山手通りへ抜けました。職場からここまでで約1時間30分。

21May08-13.jpg
さ、いきなり帰り道です。なかなか開かない京王線の踏切にて。

21May08-17.jpg
そしてついに?到着。青梅街道手前にあるホープ軒本舗杉並店です。
私はラーメンに詳しい人ではありませんが、行くならとりあえずここ、という事でやってまいりました。駐輪に適当な固定物が無かったので、歩道の植え込みにワイヤーロックを通しました。

21May08-15.jpg 21May08-16.jpg
オーダーはチャーシュー麺です。バランスの取れた豚骨醤油スープは美味しいのですが、麺が好みではなかったのが残念。個人的にはもう少し固ゆでが良かったと感じました。で、なんだかんだいいつつ完食。

21May08-14.jpg
お腹がたっぷんたっぷんになってしまいましたが、ここから自宅のあるさいたま市まではまだまだ走らねばなりません。ま、いい腹ごなしになるでしょう。

いやー、自転車、楽しいなー。だんだんスペがご無沙汰に・・・。
posted by schun玉 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

BD-1装備近況

BD-1を購入してまだ1ヶ月、装備品を試行錯誤。自分の使い易いスタイルを模索中です。
これまで週2〜4のペースで通勤に使用し、かつ生活圏内での用足し等に使ってきた上で不便を感じた事がチラホラと出て来ました。

03May08-3.jpg 03May08-1.jpg 03May08-2.jpg

ひとつは、ワイヤーロックの持ち運び。私が使っているのはYPK製Cafe1.1という製品。BD-1の購入店で薦められました。実際なかなか良い品なのですが、ウェストバッグやサドルバッグに入れるには嵩張るし、ちょいと重い。そこでリクセン&カウルのAM809というコイルロックホルダー付きのミニアダプターでステムに装着することにしました。ボトルケージは進行方向を向いてますがロックホルダーは斜め右向きになっています。これは折り畳んだ時にフレームに干渉しない位置・・・つまり、ここしか場所が無いのですな。しかし、これで持ち運びの煩わしさから解放されそうです。本体に装備したので、サッと使ってサッと戻せる・・・はず。


03May08-6.jpg 03May08-7.jpg

もうひとつは、スペアチューブとインフレーターの持ち運び。通勤メインですから、家と職場を無事に往復せねばなりません。なので、このふたつは常に携行しておるのですが、やっぱり嵩張ります。これまでワイヤーロックと一緒にウェストバッグに入れてましたが、他の荷物を出し入れするのに邪魔をして至極不便でした。
そこで、かねてから気になっていたサドルバッグを導入です。これはティンバック2のバイクシートパック。このグリーン、そして形がお気に入りです。で、ここにチューブとインフレーターがピッタリ収まるワケです。これで通勤時のウェストバッグは軽い物だけを入れた状態に出来ます。

上記装備で日常の使い勝手が向上するものと思われます。来週からの通勤が楽しみ。


03May08-4.jpg 03May08-5.jpg

03May08-8.jpg 03May08-9.jpg

さて別件バウアーですが、ライト類を変更してみました。
前後ともKNOG(ノグ)のグニャグニャシリコンライトで、フロントは1LEDライト、リアはゲッコーです。このコンビでの夜間の実走はまだですが、リアはともかく小さな1LEDライトの照度はどんなものでしょう。とりあえず暗闇で点灯させた印象では、市街地での使用なら被視認性に問題無さそうです。機会があればもうひとつ購入してデュアル化してみたいと思います。蛙2匹。


03May08-11.jpg

足元もオシャレに。(笑)アルマイトのバルブキャップです。
ここまでご覧になって気付いた方もいると思いますが、ワタクシ緑色好きです。但しビビッド系ではなく、なるべくくすんだ色味の物を選ぶ様にしています。リアショックのエラストマーが赤というのが気になるところですが、性能面でも下り坂のギャップで「ぐにゅん」と突き上げる感じが気になってきたのでそのうち交換してみたい部品です。

折畳みタイプの小径車は狭い家の中でも取り回し易いので、メンテするにもなにかと便利です。スペも折り畳めたらなー。

03May08-10.jpg

あ、スタンドも導入しました。ミノウラ製ディスプレイ・スタンドです。簡易スタンドなので乗車厳禁です。立てるだけですが、日常のメンテには重宝することでしょう。
posted by schun玉 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

見沼通船堀〜芝川CR

このブログもめっきりスペよりBD-1ネタに移行しつつありますが・・・
今回もBD-1です。購入後1ヶ月近く経ち、サイクリングロードデビューしてきました。

我が家から一番近い所を探してみると「芝川サイクリングロード」というのがありました。起点となるさいたま市の八丁橋から足立区の都市農業公園までというコース。サイクリングロード自体は片道約12キロちょい、おじさんには丁度良いですな。
しかし、起点の八丁橋というのがどの辺にあるのか、今ひとつ分かり辛い・・・
まあ、何とかなるでしょとそちら方面の方角へ漕ぎ出したのであります。

01May08-1.jpg
む、見沼代用水の表示が。そういえば、昔この辺は見沼田んぼでした。
子供の頃はザリガニを採りにバケツ担いで田んぼをはしご・・・
現在は完全に住宅街です。

01May08-2.jpg 01May08-3.jpg
程なく、見沼通船堀公園に到着。地元エリアなのに初めて来る場所です。公園周辺は自転車が走れる様に整備されており、景色もそこそこ落ち着いていてなかなか良い感じ。今日はここを走るだけでもいいかな、なんて気にもなってきました。
公園に沿って走ると自販機を発見。ここで水分を確保しておきます。サイクリングでは水分や糖分の補給は大事です。振り返ると、趣きある風景が。夏は涼しそう。

01May08-4.jpg 01May08-5.jpg
さて、これが通船堀跡。ずいぶんこじんまりしてますが、日本最古の閘門式運河で国定史跡だそうです。そういえば地元だけに小学校で習った様な記憶が・・・。写真は西縁とのことですが、東縁の方がもっと明るく開けた場所である模様。次は東回りだな。

01May08-6.jpg
さてさて、道なりに走り続けると八丁橋が。なーんだ、繋がってるのか。
で、ここから南下すると荒川まで続く芝川サイクリングロード、北上すれば大宮まで続く緑のヘルシーロード。どちらも初めてですが北上コースはなんと未舗装じゃないすかー。迷わず予定通りに南下します。

01May08-7.jpg 01May08-8.jpg
何度も道路を横切らねばならないのには閉口しますが、それ以外は総じて走り易い印象でした。さすがサイクリングロード。そして河口に近付いただけあり、マリーナが。更に自転車型の時計まで・・・。しかしそのサドルじゃ座れんだろー、と一応ツッコミを。

01May08-9.jpg
芝川水門が見えてきました。そろそろ終点です。
川幅も広がってます。見沼代用水とはえらい差があります。

01May08-10.jpg
あれ?手前の船、半分沈んでる様にしか見えませんが・・・ いいのか?

01May08-11.jpg 01May08-12.jpg 01May08-13.jpg
終点には「さくら」というレストランがあります。サイクリストには有名だそうで。私もここで一休み、サイクリストの仲間入りをしてきました。
いやー、激しく目移りするアイスの数々。初めての今日は、マンゴーでさっぱりと。しかしコーンにくるくる載せるのかと思いきや、カップでした。長時間漕ぎ続けてバネ指になるサイクリスト対策とか・・・?お味はグーでございました。次回は抹茶を・・・。

01May08-14.jpg
芝川と荒川の合流点です。左へ行けばすぐに環状7号線鹿浜橋へ。荒川サイクリングロードに入るという手もありますが、今日は無理せず元来た道を引き返します。

01May08-15.jpg
再び通船堀公園脇の自販機で水分補給。今度はレモンね。


いやー、楽しかったですよ、いい汗かきました。こればかりはスペでは体験出来ません。
スペで遠くへ行くのも楽しいのですが、今はBD-1でポタリングする方が楽しいかも。
ガソリンもまた値上がりした事だし・・・。
posted by schun玉 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

ボトルケージ装着

月曜の深夜にウッドベルとバックミラーを装着し、火曜の朝に意気揚々と出勤。
と、玄関を出る直前に宅急便が到着。何が届いたかというと・・・

16Apr08-1.jpg 16Apr08-2.jpg

ボトルケージです。これも、絶対に欲しい装備でした。
このBD-1という自転車はファンが多く、BD-1を題材にブログを書かれている方が大勢いらっしゃいます。で、そういった先輩方のブログを徘徊して色々参考にさせて頂いた結果、上の写真の装備調達となりました。自転車通勤ビギナーには実に参考になるブログが多く、誠に感謝であります。

で、モノはリクセン&カウル社製のボトルフィックスというアタッチメントにミノウラ社製PC-500というボトルケージの組み合わせです。これで、信号待ちの間に効果的に水分補給が出来そうです。今日これからの出勤で使うのが楽しみ♪

今ではスクーターにボトルホルダーを付けるのは珍しくなくなりましたが、スクーターの場合は自転車と比べるとリラックス要素的なアイテムになるのでしょうか。自転車は有酸素運動ということもあり水分補給が不可欠になります。ま、私がスペにボトルホルダーを装着することは無いでありましょう。フルヘルだし。
posted by schun玉 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

早速チューブ調達

今日未明にBD-1のチューブに穴を開けてしまったので、夕方になってから調達してきました。
小雨が降ったり止んだり煮え切らない天気の中、BD-1で出動です。スペで行こうかと思いましたが、まあ、最初のうち、特に買ったばかりの時期というのは嬉しくてたまらんものです。肌寒いこんな天気の中チャリで買い出しなんて、以前の私なら考えられない事をやる様になりました。(笑)

13Apr08-7.jpg 13Apr08-8.jpg
家からそう遠くなく、かつシュワルベの18インチのチューブが置いてそうな店をネットで下調べしてやってまいりました、リアル店舗。いつもネット通販ばかりですからね、時には自分の足でお店に出向く事も大事です。ちなみに、BD-1は日本橋のお店で購入して自走で帰宅しました。

13Apr08-9.jpg
チューブは2本購入しました。今朝交換したのは「とりあえず1本持っていれば」ということで買った物でした。まさかこんなに早く使うとは想像していなかったワケですが、2本というのも実際ビミョーな数の様な気がしてきました。大人買いするんだったかな。(笑)
バックミラーも買いました。バイクに慣れてると後ろが見えないのは不安です。基本的に自転車可の歩道を走行しますが、対向車や歩行者の動きによっては止む無く車道へ脱出する事もあります。そんな時、ミラーが欲しくなるのですね。これできっと安全性が向上することでしょう。

13Apr08-10.jpg
もうひとつの小物、ウッドベル。木魚とも呼ばれます。BD-1には標準でちゃんとした金属製のベルが付いてますが「味わい」はまるでありません。そこで、このウッドベル。これは絶対欲しいアイテムでした。ただし、はっきり言ってあまり大きな音がしません。音色もそれほど良くありません。でも、この音だったら鳴らされてもそれほど不快な思いをしないで済むかな、という気がします。

さて、いつ取り付けるかな。スペにも買ったままの小部品が押し入れの肥やしになってたりしておりますが・・・。
posted by schun玉 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペ、危うし

って、別に廃車寸前なワケではありません。
通勤車としての座を奪われかねない状況に追い込まれたというワケなのです。
というか追い込んだのはワタクシでありますが。

13Apr08-1.jpg 13Apr08-2.jpg 13Apr08-3.jpg
刺客はドイツのリーズ・ウント・ミュラー(R&M)社製BD-1です。生産国は台湾。
ふふふ、そうです。チャリ通勤に手を出したというワケです。片道14キロほどですので距離的に丁度良いですし、なによりメタボ対策でもあるのです。とりあえず2回通勤しました。いやー楽しい!これはヤバい。ハマりそう。
雨の心配が無い日はコレで通勤、雨が降ったらカミさんの車、寝坊したらスペ100・・・
うーむ、これはスペのプライオリティが下がっているんじゃ・・・
いや、きっとダイジョブでしょう。何故なら私がスペ好きだからです。

さてこのチャリですが、日本で発売開始してから10年以上経つので輸入折畳み自転車としてはポピュラーな存在になっている様です。色はスコッチブライト、スタンダードフレームです。所謂、これぞBD-1!といえるモデルです。この08年型がスタンダードフレーム最終モデルとなり、この後のラインアップは既に並売されているモノコックフレームのみとなるそうです。

とにかく、折り畳めるのに走りが良いのがお気に入りです。サスのピボットで回転させて折り畳むので、メインフレームは分割されません。これが走りの剛性感に寄与している様です。

13Apr08-4.jpg
ここからは余談。
携帯エアポンプの操作に慣れておこうと、一旦リアタイヤの空気を抜いてシュコシュコやっていたのです。すると、突然「パーン!!」と破裂音が。ええ?ワシってそんな馬鹿力で空気入れたんか?とチューブを出してみれば、写真の通り。見事な穴です。なんでしょう、噛んでいたんでしょうか。とにかく通勤途中でパンクしなくて幸いでした。

13Apr08-5.jpg
BD-1と同時に購入しておいたチューブを早々と使う事になりました。これはシュワルベ。ちなみに、穴が開いたチューブはお馴染みチェンシンでございました。

13Apr08-6.jpg
それにしても携帯ポンプって本当に使い辛い・・・。これで6.0BARまで空気を送り続けるのです。使い勝手と携帯性は反比例しても仕方無いと思うので、まあ良しとしますが。

写真はありませんがサイクルコンピュータを付けたので走行距離が分かるのがウレシイです。自転車も結構消耗するものなので、走行距離で管理する必要があります。

あ、そういえばスペはまだ2000キロ走ってないな・・・。汗。
posted by schun玉 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | BD-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。